カテゴリ:コラム( 18 )

【 配偶者控除等申告書 】

年末調整のお知らせが各企業に届き始めました。
保険料控除証明書も続々と届き始めましたね。
もうそんな時期です。あっという間に年末ですね。

年末調整の準備としては、今年から従業員の方から収集する書類が1つ増えたようです。
増えたというより分割されたという言い方が正しいかもしれません。

前年度までは、[ 保険料控除申告書 兼 配偶者控除等申告書 ]が
[ 保険料控除申告書 ]と[ 配偶者控除等申告書 ]に分割されました。

a0327775_01560987.png

配偶者控除がかなり細かくなりましたからね。
https://www.nta.go.jp/users/gensen/haigusya/index.htm#faq

そんなに細かくする意味があったのかよく分りませんが、
実務はどんどん税制改正によって大変になっていきますね。

今に始まったことではありませんが。

手引きをよく読み、税務署主催の年末調整研修会に参加しましょう。



         ■─────────────────╋
 服部税理士事務所 │WebSite http://nin-nin-tax.jp
╋───────────╋
│ 税理士 服部 美賢(Yoshimasa Hattori)

│ 355-0027  埼玉県東松山市美土里町6-67
│  TEL:0493-81-6162 FAX:0493-81-6163
│  E-mail:hattori.tax@tkcnf.or.jp
╋────────────────────╋


[PR]
by EYE_MARKS | 2018-10-16 02:03 | コラム | Comments(0)

【 事務所移転計画 ~工事請負契約締結~ 】

本日 BEACON WORKS株式会社 様と工事請負契約を締結しました!

a0327775_00584051.png

BEACON WORKS株式会社 公式WEBサイト
http://beacon-works.co.jp

12月30日に完成のようですね!

現事務所から真裏なので、2階から毎日工事の進捗状況が分かると言う特殊な環境です(笑)
完成が楽しみです!



         ■─────────────────╋
 服部税理士事務所 │WebSite http://nin-nin-tax.jp
╋───────────╋
│ 税理士 服部 美賢(Yoshimasa Hattori)

│ 355-0027  埼玉県東松山市美土里町6-67
│  TEL:0493-81-6162 FAX:0493-81-6163
│  E-mail:hattori.tax@tkcnf.or.jp
╋────────────────────╋




[PR]
by EYE_MARKS | 2018-07-18 19:53 | コラム | Comments(0)

【 電話応対 】接客|営業|ビジネスマナー|

本日お客様から嬉しいお言葉を頂きました。

遠方からの電話の問い合わせがあり、職員の反町が対応しました。

所長が留守であったため細かく内容を聞いたようで、通常1,2行のメモが
30行以上書いてあり、「 よくここまでメモ取れたね 」と言って、関心はしていました。

そして、本日電話で直接対応をさせて頂き、30分程税務相談に乗り、最後に一言
「 昨日電話で対応していただいた、職員の女性の方ですが、とても丁寧に対応していただき、こちらもスムーズに話をすることができました。 」
と、お褒めのお言葉を頂きました。

所長としてはとても嬉しいです。
電話応対については、本人に任せておりそれほど指導はしていないのですが、
お客様から電話応対でお褒めのお言葉を頂けることは、滅多にない事ですので。


私の考えとしては、電話は声色でしか相手の事をわからないため、出来るだけ
明るく、優しい声で対応するのが一番だと思っております。
目を見て話せないので、声色だけで相手は想像してしまいますし、
事務所の雰囲気も見えてしまいますので。


どんなお問い合わせでも親切丁寧に対応する事務所を
職員一同目指していきたいと思います。



         ■─────────────────╋
 服部税理士事務所 │WebSite http://nin-nin-tax.jp
╋───────────╋
│ 税理士 服部 美賢(Yoshimasa Hattori)

│ 355-0027  埼玉県東松山市美土里町6-67
│  TEL:0493-81-6162 FAX:0493-81-6163
│  E-mail:hattori.tax@tkcnf.or.jp
╋────────────────────╋


[PR]
by EYE_MARKS | 2018-07-13 18:06 | コラム | Comments(0)

【 えがおの小瓶プレゼントキャンペーン 】

今年に入って月次顧問契約が立て続けにありましたので、
成約記念プレゼントを考案していました。

顧問先の 株式会社Tsiky様 の笑顔の小瓶を名入れでプレゼントすることに致しました!

せっかくですので、既存の月次顧問先様にもプレゼントすることとなりましたので、
[ えがおの小瓶プレゼントキャンペーン ]として、今月の巡回監査で
ご案内致します🌟

a0327775_01301659.jpg
a0327775_01301630.jpg




20種類ありますので、好きなのをお選びください♬
また、新たに月次顧問契約を締結した場合はその都度ご案内させて頂きます。


株式会社Tsiky / Power Stone Ohno
埼玉県川越市小仙波938-2
    ドンキホーテ川越店1階
pm3:00~am3:00 年中無休

         ■─────────────────╋

 服部税理士事務所 │WebSite http://nin-nin-tax.jp
╋───────────╋
│ 税理士 服部 美賢(Yoshimasa Hattori)

│ 355-0027  埼玉県東松山市美土里町6-67
│  TEL:0493-81-6162 FAX:0493-81-6163
│  E-mail:hattori.tax@tkcnf.or.jp
╋────────────────────╋

[PR]
by EYE_MARKS | 2018-04-06 01:06 | コラム | Comments(0)

【 租税教室 】税理士|税金の勉強|小学生|小学校|納税の義務|夢|おもいやり|相互扶助|

税理士による租税教室を市内某小学校にて開催してきました。
3クラス1学年合同開催です。
a0327775_23173704.png

内容としては、税金の種類をマグネットを使用して答えてもらったり、
クイズを出題したり、子供達でも楽しめる租税教室を開催しました。
租税教室定番の1億円のレプリカは前半に使いました。
拾得物とした場合税金が発生するか。そして、宝くじの1億円はどうか。
と、子供達でも身近な諸問題を話すことで、とても楽しい授業となったと思います。

中盤ではとても分かりやすいDVDを上映。この世界に税金がなくなってしまったらどなるかというDVD。
終盤は、小学校に通うために、小学生1人に年間いくら税金が使われているかのクイズを出題し、
これだけ沢山の税金が皆さんに使われているという事を認識してもらいました。
ここからは、先輩N税理士先生のお言葉を借りて、勉強しなければならない理由をまとめとして伝えました。

a0327775_23181144.jpg

最後に質問を受けたところ、生徒からふるさと納税について聞かれたので、
しっかりとふるさと納税の趣旨を説明しました。返戻品が目的ではないですからね。
大人になって地元(ふるさと)の子供たちを応援したい気持ちがあった場合に、ふるさとに納税することが一つの趣旨ですと。
さらに、ここから選挙の話まで持っていきました。

もう一つ質問があったのが、なんで税理士を取ろうと思ったのですか?と。
ここからは、夢のある話をしっかりとしてきました。実は租税教室よりも、
子供たちにはここを伝えたかったのです。

将来を支えるのは、今の子供たちです。子供たちが夢とおもいやりを持って成長してくれれば、
必ず社会全体はいい方向に向かうはずです。
メディアや一部の大人に翻弄されることなく、自分を信じて成長していくことを願う限りです。


         ■─────────────────╋
 服部税理士事務所 │WebSite http://nin-nin-tax.jp
╋───────────╋
│ 税理士 服部 美賢(Yoshimasa Hattori)

│ 355-0027  埼玉県東松山市美土里町6-67
│  TEL:0493-81-6162 FAX:0493-81-6163
│  E-mail:hattori.tax@tkcnf.or.jp
╋────────────────────╋

[PR]
by EYE_MARKS | 2017-01-13 23:19 | コラム | Comments(0)

【 税理士のいない個人事業者への税務調査 】東松山|税務署|所得税|追徴|脱税|

聞いた話ですが、最近東松山税務署管内の個人事業主への税務調査が頻繁にあるようです。
しかも税理士の入っていないところへ。

税理士がついていないから結構きつく当たっているようですね。
事業否認割合を事業主の申告が不当だと指摘してみたり、
ワー●マンでの作業服の購入は全額経費でいいけど、
ユ●クロの作業服は全額認めないとか。

意味が分からないですね。

どこの条文・判例を引っ張ってきてそんなこと指摘しているのでしょうか。
まぁ、聞いた話なので実際はよく分りませんが。


と、現在そんな相談を受けていますので、必要であれば税務調査に立ち会います。

調査時に帳簿書類をお持ち帰りしているようなので、
後日修正申告案を提示してくるでしょうね。

修正申告をしてしまうとそこで全てを認めたことになりますので、
その前に一度ご相談下さい。

それほど追徴課税は変わらないかもしれませんが、
納税者の立場に立って出来る限り対抗致しますので。

事業上必要な経費かどうかの判断は
税務署が決めるものではありません。
事業主が決めるものです。

明らかに個人的な支出は否認されても仕方ありませんが、
事業上必要な支出であり、合理的に案分割合を計算できるのであれば、
事業主の申告の方が正しいので。


当事務所は、税理士法第33条の2の添付書面を申告時に提出しています。
(以下、書面添付制度)
この書面を提出できるのは税理士のみであり、提出されている場合、
税務調査の前に税理士に対し意見聴取と言うものが行われます。

税理士が直接税務署に出向き、申告の詳細を税務署側に説明します。
そこで税務署の疑義が晴れれば税務調査が行われません。
つまり税務調査が回避されます。

意見聴取でも納得が行かない場合に限り、
実地調査(税務調査)が行われます。


当事務所は、この書面添付制度を月次顧問先全てに
採用しています。
添付書面の記載内容の質は税理士事務所によってかなり変わってきます。
当事務所の添付書面の質はかなり高いと自負しております。

税務署が調査をしたいところを重点的に記載しているため、
意見聴取さえもほとんどありません。

その前提となるのが、月次巡回監査及び決算監査です。

月次巡回監査の主な監査項目としては
・個人的支出の確認
・接待交際費
・高額な支出の資本的支出の有無(現場確認必須)
・発生主義の徹底
・全ての原始書類の監査
・その他業種別監査

納税者の意見を尊重しつつ、税務署の疑義事項となりそうなものを
一つ一つチェックしていきます。

そして、書面添付のために月次巡回監査時に記録を留めておき
決算時に書面添付を作成します。


月次巡回監査は標準業務の一つであり、
その他に月次業績報告、経営計画との差異分析、
生命保険指導他を行っています。


当事務所は机上の経営コンサルティングは行いません。
社長のモチベーションを保ち、かつ向上するためのサポートを
行っています。

経営分析・経営計画・投資判断
社長の意思決定に必要な数値上のアドバイスを行い
共に成長していくのが服部税理士事務所です!



         ■─────────────────╋
 服部税理士事務所 │WebSite http://nin-nin-tax.jp
╋───────────╋
│ 税理士 服部 美賢(Yoshimasa Hattori)

│ 355-0027  埼玉県東松山市美土里町6-67
│  TEL:0493-81-6162 FAX:0493-81-6163
│  E-mail:hattori.tax@tkcnf.or.jp
╋────────────────────╋


[PR]
by EYE_MARKS | 2016-11-01 23:13 | コラム | Comments(0)

【 WEBからの問合せ 】WEBサイト|税理士|東松山|坂戸|熊谷|比企郡|相続|ホームページ|

ここ最近WEBからの問合せが多いです。

Googleの検索エンジンが変更になったからでしょうか。


1件はWEBを見て直接電話を頂きました。
[ 競馬による一時所得について ]
今流行りのあれですね。最高裁判決が分かれてるものです。
それらを踏まえて電話で説明。

事業的規模か趣味の範囲か。明確な回答はできませんが、
他で働いておらず専業で行い、競馬による所得で生計を立てていれば
事業所得又は雑所得でいいのではないでしょうか。

税務署にバレるかバレないかと聞かれましたので、
ネットで買ってれば情報は税務署は入手できるんじゃないですか?
とお話し、ちゃんと申告してくださいと言っておきました。


2件目
[ 譲渡所得の取得費について
これは、私がブログで書いた内容を見てメールで問い合わせを頂きました。
http://eyemarks.exblog.jp/22496838/
↑これです。

まだ、確実に通ったわけではないのですが、まぁ日本の税法からして
問題ないと思いますから。あくまで自己申告制度。
正しい取得費で申告して何が悪い。と言ったところです。
証拠がないから税金が高くなるというおかしな法律では
課税の公平を守れないですからね。

個人的見解を踏まえて回答させて頂きました。


3件目
[ 国外所得&外国税額控除について ]
こちらは、正確には事務局からいくつか紹介されて
WEBサイトを見て連絡していただいたというものです。

WEBサイトが分かりやすく、親しみが持てる!と

ありがとうございます♪

メールで解答後、直接当事務所にご来所いただきました。
税務署ではよく分らなかったのか、明確な回答を得られず
税理士に相談に来たと言ったところです。

ご自身でもかなり調べていたようですが、
やはり税法。分りにくいですよね。

税務署が話してくれない内容をお話しました。
マニュアル外の所ですね。


もちろん全て無料相談です。
自分でいうのもあれだけど
電話やメールの無料相談は良心的だな~(笑)
競馬の人は都道府県もわからなかった(笑)



無償相談ではないですが、
本日は新規で相続案件の初回打合せ。

ようやく溜まっている仕事が落ち着いてきたと思ったら
休む暇もなく話がきますね。


少し休みたいので、ハローワークに求人かけようかな。

<用件>
□ 時給1,000円
□ 交通費支給
□ 子連れOK!
  うちの10ヵ月の娘と一緒に事務所で遊ばせておくだけでよろしければ
□ WEBサイトをHTMLから編集可能な方
□ 週2日~5日(要相談)

<仕事内容>
□ 帳簿の整理と会計ソフトの入力
□ WEB更新・SNS更新
□ 買い物や公官庁手続き回り
□ その他雑務

<資格>
□ 簿記は不問
  簿記検定を受けるのであれば、多少教えます。
□ HTML言語
  当事務所にテキストあります。



         ■─────────────────╋
 服部税理士事務所 │WebSite http://nin-nin-tax.jp
╋───────────╋
│ 税理士 服部 美賢(Yoshimasa Hattori)

│ 355-0027  埼玉県東松山市美土里町6-67
│  TEL:0493-81-6162 FAX:0493-81-6163
│  E-mail:hattori.tax@tkcnf.or.jp
╋────────────────────╋

[PR]
by EYE_MARKS | 2016-09-03 17:06 | コラム

【 ブログ投稿復活!・・・かな? 】

ご無沙汰しております。
久しぶりにログインしました。

開業年である2015年はある程度時間もあったので、ブログを書くことが出来ましたが、
年明け以降おかげさまで多忙になり、ブログにまで手を付けられなくなってしまいました。

現在も相続案件3件
月次巡回監査案件の初期指導3件
確定申告の年一のお客様の6カ月分の資料が溜まっているなど

手一杯な状態です。
思いのほか、総務作業に時間がかかるのと
税理士である妻が、家事育児にかなり時間が取られてまして。
さすがに、夏休み中の小1と、9ヶ月の子供がいるときついですね。


前回の投稿が3月ですか。。。
先日TKCの川越のセンター長に気付かれてしまいました。

ちゃんと見てくれている方もいらっしゃるんですね。

アクセスレポートを見ても、一日平均で50アクセス程あるみたいですね。
ほとんどが税理士試験のページです。

最後の試験から合格発表まで時間があったため
かなり詳細に記載しているので、参考にして下さった方も
いるのではないかと思います。

Facebookの方はちょこちょこと更新しており
https://www.facebook.com/nin.nin.tax

Twitterやインスタグラムもかる~くやっています。
https://twitter.com/nin_nin_tax


ただ、Facebookだと仕事の話をすると面白くない通知となってしまうので、
やはり、仕事の話はブログの方が都合がいいと思い、こちらを再開しました。


とりあえず、備忘記録として残したいことがあるので、違う記事で記載しておきます。

0からスタートで、
2015年は月次巡回先7件
2016年は既に6件増加
全13件
後見人等、月次顧問と同程度の特殊案件を含めると
15件といったところでしょうか。

2015年相続1件完了
2016年相続3件完了予定


事務所移転も考えましたが、まずは人材。
WEBサイト管理出来る人がいいですね。

公式WEBサイトも全然更新できてなくて。。。


とりあえず、ブログ復活という事で、
皆さま宜しくお願い致します。


         ■─────────────────╋
 服部税理士事務所 │WebSite http://nin-nin-tax.jp
╋───────────╋
│ 税理士 服部 美賢(Yoshimasa Hattori)

│ 355-0027  埼玉県東松山市美土里町6-67
│  TEL:0493-81-6162 FAX:0493-81-6163
│  E-mail:hattori.tax@tkcnf.or.jp
╋────────────────────╋

[PR]
by EYE_MARKS | 2016-08-17 11:29 | コラム | Comments(0)

【 源泉所得税の納期の特例のとりやめ 】源泉徴収|納特|税理士|所得税|e-Tax|給与

給与を支給している場合、社員から源泉所得税を徴収し、翌月10日までに納付しなければなりません。
しかし、毎月納付するのは手間がかかるため、小規模事業者(従業員10名未満)の場合は、一定の届出書を提出すると6ヶ月分まとめて納付することができます。


しかし、10名未満であっても源泉所得税が高額な場合、6カ月まとめてだとかなりの金額になってしまい、納付するときに資金が足りなくなってしまう企業も少なくありません。

そこで、上記の申請を取り消すのはどうすればいいか。


実は、とりやめの届出書というのは存在しないんですよね。

10名以上になった場合に提出する


はあります。
しかし、とりやめの届出書はありません。
納付が6か月後になってもいいですよ、という優遇措置を取り消すはずがないという考え方なのでしょうか。

そこで、問い合わせました。川越税務署です。

まぁ、情報はわかっていたのですが、別件で問い合わせたついでに聞いてみたところ、上記の届出書を提出してもらえればいいとの回答を得ました。

[ 給与等の支払を受ける者の数が、常時 10 人未満でなくなった理由等 ]
の欄に、『 毎月納付に変更したいため 』と記載すれば納期の特例を取り消してくれるそうです。

文章的には回答になっていないんですけどね。
そもそも、常時10人未満でなくなった理由ってどういうことですかね?
事業規模の拡大により、従業員を増やしたからでしょ?

まぁ、それはいいとして、、、
いつでも毎月納付に変更できるという事です。



話は変わりますが、川越税務署に問い合わせた内容ですが、上記とりやめの届出書が電子申告できるかどうかです。
なぜ聞いたかというと、TKCのe-DMSという税務書類作成システムに上記届出書の電子申告が対応していなかったからです。

TKCが対応していないわけがないと思い問い合わせたのですが、電子申告できるそうです。
探してみると確かにe-Taxに対応してました。

むむむ。。。


仕方なく、e-Taxソフトをインストールして、そこから電子申告しましたよ。

10人以上になって納特廃止になるところって結構あるんじゃないの?
TKCさん、対応宜しくお願いします。



         ■─────────────────╋
 服部税理士事務所 │WebSite http://nin-nin-tax.jp
╋───────────╋
│ 税理士 服部 美賢(Yoshimasa Hattori)

│ 355-0027  埼玉県東松山市美土里町6-67
│  TEL:0493-81-6162 FAX:0493-81-6163
│  E-mail:hattori.tax@tkcnf.or.jp
╋────────────────────╋


[PR]
by EYE_MARKS | 2016-02-29 23:58 | コラム | Comments(0)

【 土地の取得費が不明の場合の計算方法 】譲渡所得|確定申告|概算取得費|税理士|

譲渡所得で取得した時の領収証や売買契約書等の証拠書類がどうしても見つからない場合、概算取得費控除を使うのが通常ですよね。

※概算取得費控除 租税特別措置法 第31条の4
売却金額×5% を取得費として認める方法

但し、措法31条の4は [ 昭和27年12月31日以前に取得した土地又は建物 ]について規定されているものであって、それ以降のものについては、以下のように記載されている。

租税特別措置法基本通達(昭和28年以後に取得した資産についての適用)
措置法第31条の4第1項の規定は、昭和27年12月31日以前から引き続き所有していた土地建物等の譲渡所得の金額の計算につき適用されるのであるが、昭和28年1月1日以後に取得した土地建物等の取得費についても、同項の規定に準じて計算して差し支えないものとする。

つまり、[ できる規定 ]である。

という事で、調べました。

ありましたね。判例
裁決事例集 No.60-208頁

本件宅地については、譲渡時に対する取得時の六大都市を除く市街地価格指数(住宅地)の割合を乗じて算定する。
上記の算定方法は、調査会が公表した数値であり、市場価格を反映した近似値の取得費が計算でき、合理的であると認められる。
※一部省略

この採決は国税局側が示した取得費であり、合理的と局側が認めるものである。


では、調べてみようではないですか。

まずは、市街地価格指数 というものを入手しなければいけません。

調べてみるとここから購入できるようですね。

送料込み 810円です。

a0327775_16201662.jpg

昭和30年以降のものが掲載されています。
地方については、昭和60年以降のものです。


今回の譲渡所得の土地については、昭和50年取得のもの。
場所は埼玉県

昭和50年の埼玉県の指数は存在しないため、いくつか参考になる年度を抽出していきました。

昭和50年3月 取得年
昭和60年3月 埼玉の市街地価格指数最古年
昭和63年 近傍宅地 最古年(市区町村に電話で問い合わせ)
平成13年 近傍宅地 価格上昇後(市区町村に電話で問い合わせ)
平成27年 売却年


計算方法としては、売却年(平成27年)の固定資産税評価額に同年の指数を分母にして、取得時の指数を分子として計算。

昭和50年の埼玉及び関東の指数については、概算で計算。
ちなみに指数は4種類使用
・全国
・六大都市以外
・関東
・埼玉
念のため上記の内一番低い価格を選択。

平成27年度の固定資産税評価額を基準とし、各年度の指数で割返し固定資産税評価額を算定。
さらに、売却年の固定資産税評価額と売却価額の比率を乗じて、各年度の売買価格を算定。
本件の固定資産税評価額は売買価格の約80.9%なので、これを基準と仮定して当時の売買価格を算定。
(売買価格の70%が固定資産税評価額と言われているので問題ないかと)



ただし、この市街地価格指数・・・埼玉という大きなくくりで指数を出しているので実態と即していない部分もあるかと思い、もう一つのやり方を模索。
今回の譲渡は、昭和60年と昭和63年でかなりの価格差(土地価格の急激な上昇)がある地域であるため。


という事で、国土交通省地価公示価格 を使用して算定。

同じように、平成27年度の固定資産税評価額を基準として昭和50年の評価額を導き出しました。



さて、資料は揃った!
では、この忙しい時期に税務署に行ってこよう!

早速電話して個別相談の予約を取り付けました。

担当していただいたのは、上席調査官。


判例と作成したExcel資料2種類を持っていき説明しました。

当然のことながら、あからさまにOKとは言いませんでしたが、ここまで税理士が調べているものであれば特に調査等はないでしょうというニュアンスでした。

よし!


ちなみに、原則は購入価額を計上してほしいと言われました。
証拠書類があってもなくても。

5%を使用する概算取得費控除については、昭和27年12月31日以前のものに使用するべきものという認識は税務署の方でもあるようです。


ちなみに、今回の譲渡では、概算取得費控除よりも 約115万円 税金が少なくなりました!


では、この調査事項を納税者に報告し、了承を得られればこれで申告したいと思います。


注:管轄の税務署によっては見解が違う可能性もありますので、必ず税理士等に相談することをお勧めいたします。
今回も、[ 税理士先生が調べたものであるなら・・・ ]と担当者は言っておりましたので。

こうも言っておりました。
「 証拠書類等がなくても、購入価額をはっきり覚えていればそれで申告している人もいると思います。 」と。

確定申告はあくまで自己申告制度。



-------------------------------------------------------
追記 2017.12.7
この件に関して全国から問い合わせが来ています。
昨日、とある研修会に参加しましたが、やはり市街地価格指数で計算している
税理士はいましたね。

最初の申告からもうすぐ2年経ちますが、税務調査はありません。


相談は無料で行っていますが、下記の点にご注意ください。

①報酬について
基本報酬10万円+(調査費)+実費
※調査費についてはお見積り致します。

②申告について
他の所得がある場合も、当事務所にて申告致します。
※市街地価格指数による取得費のみ計算することはしておりません。
税理士が申告することに意味がありますので。

③購入価額について
買ったかどうかもわからないけど、高く売れたから市街地価格指数で計算してほしい。
→計算・申告致しません。脱税行為に該当します。
あくまで宅地として購入し、5%取得費で計算した価額よりも明らかに高いと
本人が認識している場合のみ計算・申告致します。

④全国対応
メールや電話での対応となりますが、可能です。
税務調査や意見聴取については、出張費及び日当を頂きます。

⑤リスクは?
当然あります。
税務調査で否認される可能性があることをご理解ください。
否認されないため(税務署に対抗するため)に、様々な統計資料に基づき
客観的証拠を添付して申告しております。
なお、否認された場合は調査費部分の報酬をお返し致します。

⑥手付金
調査に実費と時間がかかりますので、基本報酬の50%(5万円(税抜))
を事前にお支払いください。
申告まで至った場合は、総額から相殺いたします。
申告まで至らなかった場合は返金致しませんので、ご了承ください。




         ■─────────────────╋
 服部税理士事務所 │WebSite http://nin-nin-tax.jp
╋───────────╋
│ 税理士 服部 美賢(Yoshimasa Hattori)

│ 355-0027  埼玉県東松山市美土里町6-67
│  TEL:0493-81-6162 FAX:0493-81-6163
│  E-mail:hattori.tax@tkcnf.or.jp
╋────────────────────╋



[PR]
by EYE_MARKS | 2016-02-19 16:21 | コラム | Comments(0)


企業と共に成長する税理士事務所の成長記録


by にんにん

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
税理士試験
税理士登録
独立開業準備
武道
新規開拓
業務
研修
コラム
事務所移転
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

最新のコメント

> 山口敦さん 山口さ..
by EYE_MARKS at 13:21
反町さん、いつも大変お世..
by 山口敦 at 02:59
オルテガさん 返信遅れ..
by EYE_MARKS at 19:48
先生のサイトが本当に助か..
by オルテガ at 23:25
> daisukesas..
by EYE_MARKS at 22:40
今、税理士試験に関するブ..
by daisukesasaki1 at 23:17
服部先生 ご返信ありが..
by いずみ at 23:18
いずみさん ご連絡あり..
by EYE_MARKS at 18:41
服部先生ご返信ありがとう..
by いずみ at 23:02
> いずみさん コメン..
by EYE_MARKS at 21:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

最新の記事

【 事務所移転計画 ~外壁工..
at 2018-12-19 00:36
【 事務所移転計画 ~内装工..
at 2018-12-17 01:48
【 事務所移転計画 ~内装工..
at 2018-12-12 01:13
【 チラシ作成 ~ 夢工房 ..
at 2018-12-10 01:09
【 チラシ作成 ~ 夢工房 ..
at 2018-12-10 00:57