タグ:税理士試験 ( 9 ) タグの人気記事

【 2018年受験組の皆様へ 】

税理士試験、公認会計士試験が終わり、しばらくゆっくりしてきた受験生の皆様。
そろそろ就職活動をしようかと思っているところかと思います。

私は丁度この頃に就職活動をし始めました。
大学4年時、税理士科目の全ての科目を受験し、合格発表を待つだけでした。
当時、一般の大学生は3年時から就職活動をしていましたが、税理士試験組はもちろん就職活動無視です。

試験が終わる8月と、合格発表がある12月が就職活動時期。税理士事務所がどのような仕事をしているかを全く分からず門を叩いた事務所が、修行をさせて頂いた最初で最後の税理士事務所。

ここに来なければ今の服部税理士事務所は存在していません。タイミングと運はありますよね。

来春の新卒採用は既に1名決まっていますが、やる気のある人材は迎え入れたいと思っています。

若手の税理士事務所で新卒採用している事務所は、東松山市及び近隣市町村では限りなく少ないと思います。
経営者の良きパートナーとなれるやりがいのある税理士事務所はそう多くありません。税理士事務所に働きたいという高い志のある学生の皆さん。服部税理士事務所の事を調べて、是非ご応募下さい!随時面接を受け付けています。

a0327775_01135635.jpg

服部税理士事務所
代表税理士 服部美賢
1983年5月30日生まれ
特技︰武田流中村派武道
経営理念︰共に成長する税理士事務所



[PR]
by EYE_MARKS | 2018-09-17 00:44 | 業務 | Comments(0)

TAC合格祝賀パーティー


専門学校のTACから合格祝賀パーティーの案内が来ました。

妻には案内が来なかったからダメもとで直接連絡してみました。
一応参加条件が、今年の受講を申し込んでいる人、ということなので。

去年で2年2科目パックは終了していたのですが、相続税の直前対策資料コースは1つ私の名前で頼んでいたので私の分は来たのです。


TACに連絡すると、やはりダメとのこと。
しかし、どうしてもとお願いをしました。すると折り返して電話するということで、少し希望が、、、


そして、数分後――


まさかのOKの返事!ヽ(*´∀`)ノ


やったー♪
二人で参加だぜぃ(*^^)v


大原簿記学校からも連絡があったのですが、翌年1月4日で、ちょうど旅行に行っているので参加できないのです。
大原は、5年以上受講申し込みしていないんですけどね。大原はゆるいみたい。


TACは参加特典が豪華で、
1.官報
2.税務ハンドブック(1,300円相当)
3.合格証書の額縁
4.クオカード500円分

上記4点。

これはうれしいですね~。

a0327775_23585838.png


ということで、娘を親に預けて行ってきました。


私はスーツ、妻はパーティードレス。


会場は グランドアーク半蔵門

a0327775_23571245.jpg
a0327775_23571253.jpg
まずは受付
胸に付ける赤リボンを頂きました。
a0327775_00002019.jpg

その後すぐに写真撮影です。
ほとんど流れ作業(^_^;)

多分税理士のパンフレットに載る写真ですね。


そして会場へ。

a0327775_00005932.jpg
中には既に沢山の人。

しかし、半分近くはTAC講師のようです。


通信講座の私たちはアウェイです(^-^;
合格者の人たちは、講師の人たちと和気あいあいにおしゃべりをしています。

よかった、二人で合格して(笑)

a0327775_00031557.jpg
まずは、乾杯。
そして、グラスを持ったまま集合写真へ。


この集合写真は後で郵送で送ってくれるそうです。


集合写真の後は、食べ放題♪飲み放題♪


料理の数はとっても多いのでびっくりしました!

a0327775_23571238.jpg
そして、まぁまぁ美味しいです♪


ケーキの種類も沢山!

いっぱい食べて、アルコールはほとんど飲んでいません(笑)
食べ専門です。


満足満足(´▽`)


話しかけられたのは、
東京青年税理士連盟全国女性税理士連盟

すごい勧誘でした。
合格者みんなに話しかけていたみたいですね。

来年合格祝賀会があり、参加費無料なのでぜひ来てくれとのこと。

う~ん。どうなんでしょう。
間違いなく入会の勧誘でしょうし。


TACのビデオカメラもあったのですが、うちらには来なかったです(T_T)
本当にただ飲み食いしてただけ(笑)


せっかくなのでカメラマンに写真を撮ってもらいました。

a0327775_00071813.jpg

最後は4つの特典を受け取り、そして講師団によるお見送り。

やっぱり会場にいた人数の半分くらい講師だったんじゃない?

a0327775_00071923.jpg

っていうくらい、たくさんの講師の方に見送られました。


TACさん、ありがとうございました。
合格体験談も載せていいですからね(笑)

本当に受験勉強ではお世話になりました。

そして、税理士を受講してから、合格祝賀パーティーに参加するのを一つの目標にしてましたから。


a0327775_00071987.jpga0327775_00071957.jpga0327775_00071968.jpg


























a0327775_00085197.jpg


[PR]
by EYE_MARKS | 2014-12-23 18:00 | 税理士試験 | Comments(2)

合格するには

さぁて、最後に税理士試験をどうやって受かったかを記録しておきます。

記憶が鮮明なうちに、、、



採点基準・採点個所が公表されていない以上、想像の域になってしまうのですが。



まずは【 夫 】である私から。


最初の受験は2004年
簿記論・財務諸表論・消費税


日商簿記1級も大学1年時から勉強していたので、簿記論・財務諸表論の授業は結構楽勝でした(^ ^;)
消費税に関しては理論を覚えるのが大変だったのを覚えています。

もう10年も前の話ですから。


簿記論・財務諸表論に関しては、ボーダーラインよりどのくらい上だったか覚えていませんが、大原の先生にお墨付きを頂いたのを覚えています。

そして、見事2科目一発合格です。

消費税は不合格。(評価A)


当時の消費税のレベルは散々なものでした。
理論はある程度覚えていったものの、計算がどうしても最後まで埋まらず、途中で終わってしまっていました。
まぁ、この当時から、ボリュームが多くて最後まで解答できる人は少なかったようですから。


その後、空白の9年間となります(笑)
かかさず受験はしていましたよ。受験しなければ運でも受からないですからね。


そして、9年後の2013年
所得税・消費税の同時合格




【 妻 】
最初の受験は2008年
その前々年に日商簿記1級を受かっています。


そのこともあり、1月スタートですが、簿記論は結構余裕そうでした。

皆さんもご存じのとおり、簿記論は時間が足りないから、分かるところをかいつまんで解いていくというスタイル。

しかし妻は、ほとんど埋めて、最後まで書ききったそうです!( ̄Д ̄;)
恐るべし。


そして、ボーダーラインよりはるか上、合格ラインより上だったと思います。
大原の先生にも確実に受かってると言われるていました。


そして、初受験で見事合格!仕事しながらです。


財務諸表論は受験専念になってから合格しています。

私の時にはなかった概念フレームワークという論点にかなり混乱させられたようです。

私が聞いている限りでは、概念が広すぎて、何を書いていいのかわからない理論。


自己採点もできるものではなかったようです。
基準がよくわからないので。


しかし、受験専念1年目で見事合格です。




ここからは同時受験のため、妻と比較しながら書いていきます。


では、所得税から、、、


2013年の所得税法 本試験はとんでもない問題でした。

通信で勉強していたため直接的には周りの状況は分かりませんが、友人やインターネット(主に2ちゃんねる)の情報からも分かる通り、問題に不備がありすぎる本試験でした。


解答欄がめちゃくちゃ狭かったり(理論・計算共に)、解答したい場所に解答欄がなかったりと、訳がわからなかったです。

それでも本試験。取れるところだけはちゃんと解答していきます。
どれだけ勉強してきたかをアピールするのは、この不備だらけの解答用紙だけですから。


まず [ 理論 ]

やってしまいました。
第1問(2)の解答を書き過ぎて、第2問の解答欄まで書き続けてしまっていたのです!...(=ω=。)
第2問の解答用紙の半分くらいまで書いてようやく気付き、大慌て!
第1問(1)はまだ余白があったので、そこに第2問にはみ出してしまった部分を書き直し、(2)の解答用紙の最後に、前のページにつづきありみたいな感じで書いたと思います。
もうめちゃくちゃ(* _ω_)...

第2問は書きミスの書き始めて最後まで埋めました。めいっぱい書きました。


しかし、妻と後で確認しあったところ、お互いに違うところを書きまくっています。
論点がずれている。
まぁ、問題の指示に難ありだったと思いますが。


[ 計算 ]
計算に関してはまずまずできたかなぁと。
所得控除の蘭がすごい小さかったのですが、もう最後の方は小さい字で、枠からはみ出ないようになんとか書きました。
こんなんでいいのだろうかという感じで。

これは妻も一緒でしたね。

試験委員は多分、計算過程は改行せずに、並べて書く人だったんでしょうね。
勝手に納得。


とにかく、2人とも理論・計算共に、みっちり埋めてきました。
計算も最終金額まで記載しておきましたから。


そして、2人とも見事合格!(*^-^)v



次に消費税


難易度的には例年通りといったところでしょう。

2人とも計算のスピードはかなり早くなっていました。

凡ミスも多少はありましたが、最終値(納付税額)まで記載しました。


理論については、所得税同様、2人とも違う場所を書いているという。
しかし、解答用紙は埋め尽くしました。


私はボーダーラインよりちょっと上だったと思います。

妻はボーダーラインギリギリだったと思います。



そして、2人とも合格!



最後に相続税。

前の記事に結構細かく書いてありますが、私と妻の点数の幅はかなりのものがありました。


私は理論・計算共に、良くできたと思っていました。

妻は理論も抜けているところもあり、計算に至っては、宅地評価の路線価の一つを見落として間違っているほど散々なものでした。
今回の簡単な問題で、宅地評価を一つ落とすのは致命的ではないかと思っていました。


それでも、理論は書けるだけ書き、計算もほぼ最後まで埋めきったようです。


そして、12月12日の合格発表


二人同時に官報合格に至るのです。



結局何が言いたいのかよくまとまらなかったですね。
皆さんの経験とあまり変わらないかもしれません。


しかし、2人あわせて合計30個以上受けている中で、受かった年、落ちた年の特徴があるのです。


ここからが重要です。
ここから読んでいただければ今後の受験の参考になるかもしれません。


あくまでボーダーラインより上であることを前提としています。


[ 落ちた年 ]
最後まで書ききれていない。


[ 受かった年 ]
計算過程を含め最終値まで記入しているほど、計算スピードが速い。


明らかにこれは違うんです。
私、消費税何度受けたことか。多分9回受けているんじゃないでしょうか。
計算については、A評価の時は、合格年も含めボーダーよりちょっと上だったと思います。

では、何が違ったかと言うと、合格年だけ納付税額まで書ききっているんです。
つまり、計算スピードが速く、処理能力が速かったんです。

ちなみに妻も同様です。



そして、所得税、相続税も最後まで書ききっている年に合格しています。


これは何かの偶然でしょうか?


もしかしたら、採点基準に計算スピードがあるのかもしれません。
空欄がなく、最終値までしっかりと計算しているかどうかと。

そうすれば、多少のミスも許されるのかもしれません。


最終値まで書ける人は、人一倍勉強をし、練習問題を重ね、鍛錬をしている証拠ですから。
だから敢えて本試験は時間足りるわけないじゃん!ってほどのボリュームなのかもしれません。


現に合格年、私たちはボリュームが多い本試験でさえも書ききっていますから。


次に理論です。
理論に関しては、本当によくわからない。
だって、消費税・所得税・相続税と、私たち夫婦で全然違うところを書いているんですもの。
しかし、どれも同時に合格してるんです。
これはなんだ??


試験委員が汚い字でもちゃんと読んでくれるというのは本当でしょう。
私はまぁ、きれいではないですからね。そして、どちらかというと、私の解答は専門学校の解答速報に準じて書いていました。
だから、まぁ順当に受かるのかなぁと。


しかし、問題は妻の方です。
まるっきり違う解答をしているわけではないのですが、少しずれているというか、消費税は大事な1問間違えてますし、相続税は、結構違うこと書いてあったりと、何故合格できたかが不思議でなりません。

一つ言えることは、字がきれい!
とても読みやすい字を書いているのにもかかわらず、書くスピードが速いんです。


私は殴り書きまでとは言いませんが、結構読みづらい。
2人で模擬問題を解答し合っていても良く言われていましたから(^_^;)


字がきれいで、最後まで書ききっていれば、
「まぁ、問題の取り方によっては、そういう解答もあるよな」
ってところなら合格するのかもしれません。


もう試験委員のさじ加減だよねって言っているようですが(^^ゞ


ということで結論


【 計算 】 計算過程を含め、全ての解答欄を埋め、なおかつ、最終値にたどり着けたかどうか。

処理スピードの高さ、つまり、どれだけ反復練習してきたかが試験委員にもすぐにわかります。


【 理論 】 読みやすい文字で丁寧に書き、様々な条文が書ききれているか。

条文を理解しつつ、幅広い知識を身につけているかどうかが試験委員にもすぐにわかります。



[ 税理士試験というのは、幅広い知識を必要とする税理士としての能力があるかどうかを試されている試験 ]



なのではないでしょうか。

私も税理士事務所の職員として働いていたので分かるのですが、実務は資格がなくてもできてしまうんです。
むしろ、資格がない人の方が、経験も知識もあり優秀だったりします。


ただ、資格を取るためには、それだけの努力をしてくださいということなのでしょう。
この難関の税理士試験を通過できる人だけに、バッジを与えましょうということなのでしょう。


それだけ重みがあり、責任のある資格なんだと思います。


生半可な気持ちでやっているといつまで経っても受かりません。
本気で、試験に挑んでください。
そうすれば必ず合格すると思います。


ここに書いたことは、あくまで私の考えです。
採点基準・採点個所が公表されていませんので、色々な話が一人歩きをしています。

根拠のない情報に惑わされずに、目標に向かって挑んでいってください。


では、皆様の合格を心より祈っております。


[PR]
by EYE_MARKS | 2014-12-16 14:46 | 税理士試験 | Comments(0)

官報調整はない!!

記録として残しておきます。


タイトルの通り俗に言う官報調整はないと思います。



最後の受験後色々調べました。

インターネットには不安になるようなことが沢山書いてありますよね。


[ ジンクス その1 ]
最終科目はボーダーラインより10点以上でなければならない。

私たちの結果を見て頂ければこのジンクスがないことが分かります。


第64回 税理士試験 相続税
ボーダーライン 70点
合格確実ライン 87点

【 夫 】 自己採点 84点

【 妻 】 自己採点 72点


さぁ、いかがでしょうか。私はクリアしていますが、妻はギリギリです。
それでも官報合格してますから。

採点方法も一緒、お互いに確認しながら妥当であろう点数を付けています。
それで、夫婦で12点もの開きがあるのです。
それでも2人とも相続税合格 そして、官報合格しているのですから。

最終科目はボーダーラインより10点以上

どこからそういう情報が出回るのでしょうか。


[ ジンクス その2 ]
最終科目は3年かかる。


2人とも4科目合格から一発合格です!


ジンクス1、2ともに私はないと思います。


私見ですが、4科目まで順調に行った方が、最後に安心をしてしまっていた部分があるのではないかと思います。
4科目ともなれば、「 あと1科目、楽勝だぜ★ 」 みたいな感じです。

すいません、勝手な妄想なので気を悪くしないでください(^_^;)


専門学校のボーダーライン・合格確実ラインもあって、ないようなものですから。
今回なんて17点も開きがありますし、採点基準・採点個所は公開していないですから。


私は、もっと細かく採点しているのではないかと思います。

あと、それ以外の点についても、もしかしたらあるのかもしれません。
、、、それは次の記事で詳しく記載しておきます。



[ ジンクス その3 ]
官報合格は調整が入る

これが最大のジンクスですよね。


理由としては、毎年合格者が1,000人前後であるということ。
発表に4ヶ月もかかるのは、採点というより、調整に時間がかかっている。


確かに過去の受験結果を見てみると、1,000人前後のようです。


でもどうやって調整するのかは謎に包まれています。

でも、免除組や、6科目受験組は調整に入らないっておかしいですよね。


決定的証拠となるコメントも一切出回っていない。


官報調整が入るのであれば、私たち夫婦が調整されてもおかしくなかったと思います。
妻はボーダーギリギリだし、2人ともラスト1科目初年度でしたから。

どこで調整されて、合格させていただいたのかよくわかりません。
夫婦だから?そんなことあったらすごいですけど(^_^;)


ということで、結局のところ官報調整はないのではないでしょうか。


各科目の合格率が10%前後で、5科目に達する人の割合(確率)も、たまたま1,000人前後になるだけなのではないでしょうか。
何せ5万~6万人が受けているのですから。

税理士試験は70点で合格となっていますが、上位10%という基準に関してはあると思います。
今回の相続税では、専門学校採点では合格者続出となってしまいますからね。

だから、細かく採点基準を設定し、或いは試験官独自の採点基準により、70点に到達する人たちの割合を10%に抑えているということなんだと思います。



すべて私見ですが、こういう意見もあっても良いと思います。
本当にインターネットには負の情報の方が多くありますからね。
自分を信じて、迷くことなく、がむしゃらに頑張れば合格すると思います。


これから最終科目を目指す皆様、ジンクスにとらわれないように、モチベーションを維持して、是非官報に載ってください!


[PR]
by EYE_MARKS | 2014-12-16 11:32 | 税理士試験 | Comments(0)

夫婦同時合格!!

4ヶ月――


長かったのでしょうか、それとも短かったのでしょうか。

よくわかりません。


ただし言えることは、合格発表が近づくにつれ、胸の鼓動が速くなっていくこと



2014年12月12日(金)
第64回 税理士試験 合格発表日


2人とも最終科目なので、郵送される前にインターネットで分かってしまいます。

大学の先輩には、2科目受験を勧められたのですが、1科目に絞った方が、確実に専念できると思ったのと、やはり官報に載りたかったからです!
4科目取得で、最後2科目受験だと、免除扱いになってしまうらしく、官報にはのらないようですから。


前日から、何時にインターネットに表示されるのだろうかと、色々ネットで調べて回りましたが、よくわかりません。
8時半なのか、10時なのか、それとも、専門学校や国税庁の方が早いのか。


とりあえず、子供を保育園に送りに行って、帰ってきてから2人で見ようと言うことにしました。
時間は9時です。まだ出ているかわかりませんが。


私は家で待っていたのですが、気が気ではありません。
少し官報のサイトを覗いてみます、、、


時刻は午前8時40分


…!!
掲載されてます!


12月12日 号外(278号)


これ以上はクリックはしてはだめだ。

妻が帰ってきてから一緒に見よう。


そして、9時過ぎ
妻が帰ってきました。


すぐに報告します


「 もう出てるよ!! 」


封筒を開封するのも、インターネットをクリックするのも、やっぱりめちゃくちゃドキドキするのは変わりませんでした。




そして・・・



「 あった!! 」

2人とも載ってる!! 隣同士だよ!!


喜びとともに、安堵感がものすごかったです。
腰を抜かしてしまうのではないかというほどに。


妻は泣き、私も涙ぐみ、抱き合い喜びを分かち合いました。


ようやく、長い長い受験生活から解放される...(´_`。)



妻にありがとう。

今まで我慢してくれていた子供にありがとう。

そして、心配をかけていた両親にありがとう。



最初の受験から10年
妻は7年


ようやくスタートラインに立つことが出来ました。


[PR]
by EYE_MARKS | 2014-12-16 10:43 | 税理士試験 | Comments(0)

受験生活3年目

勝負の3年目


最後の科目は相続税

Aランクまで来ているので、有る程度余裕はありました。

道場も復帰です。
ストレスを溜め過ぎてもいけませんので。

家事も手伝いました。


妻は初受験なので結構大変そうでした。

私もそうなのですが、相続税が一番理論が覚えずらい科目だと思います。


あくまで、私が受けたことのある科目の中で、ですけど。
(所得・法人・消費・相続)


あと、年を追うごとに暗記能力が落ちている事は実感としてありました。
大学時代は、覚えずらいと言われていた消費税の理論も、30分~1時間で1問覚えていたのに、相続税はその3倍以上かかっていたのではないでしょうか。

最終年はさすがに、かなり精度は高く覚えられていましたけどね。
2年連続ですから。


今年は完全に独学スタイル。
テキスト、問題集、答練、全て去年のを使いまわしています。

唯一申込んだのは、資料のみの直前対策と、妻の全国公開模試。


あとは、ひたすら過去の答練と問題集を何度も何度もまわし、理論も何度も何度もまわします。

運よく、今年の改正点はほぼ無いに等しい年でしたから。


そして、まずは実力試しの全国公開模試

TACは開催時期が早いんですよね。6月14日必着。

この時期に合格レベルに達している人は、完全に受験経験者の人達。

ええ、私もそうです(^_^;)


妻はかなり厳しい様子でした。
理論・計算共に。。。


2014年7月
全国公開模試 結果

【 夫 】 57点 上位 4.34% Aランク

上位5%以内!よし!
でもSランクではなかったか~。少し不安が残ります。


【 妻 】 68点 上位0.27% 

えーっ!!Σ( ̄Д ̄;)
しかも全国2位ですよ!!通学・通信合わせて全国2位
もちろんSランクです!


俺の立場ね~(T-T )


一応言い訳として理由をご説明します。

相続税法の最近の本試験の傾向からして、計算(特に宅地評価)がやたらと難しいんです。
妻はそれを無視して、出来るところだけを書き、そして、理論はまさかのドンピシャ!47点!

私は理論計算半々くらいの点数でしたが、妻はバランス悪いけど、68点で全国2位。

まぁ、57点で上位5%以内という公開模試にも問題あると思うのですが。


さぁて、困ったぞ。
もう結構やり尽くした感があるんだが。


ということで、国税庁の質疑応答事例集から勝手に問題を作り始めました。
今まで出たことのない評価を重点的に。
宅地評価はもちろんのこと、取引相場の無い株式、その他財産評価。。。


ここ数年、専門学校でも教えていない新しい問題が出てきますからね。
どこかで差別化をはからないと。なるべく点数を上げるために・・・



2014年8月 第64回 税理士試験

やるだけのことはやりました。
理論もA・B・Cランクほぼ完璧です。それ以外も少し覚えていきました。


妻はA・Bランクがやっとでした。


そして本番――



私たち、いや、全ての受験生が予想外だったでしょう。

何の問題もない、専門学校の答練レベルの問題。
多少量は多かったり、ミスを誘うような問題もありましたが、ここ数年では一番簡単な問題だったのではないでしょうか。


まさかの大誤算。
これ、合否の差どうやって付けるの??


数日後専門学校の解答速報が出ました。


ボーダーライン 70点

合格確実ライン 87点


おいおいおい、TACさん。

17点の開きはいかがなものでしょう。

まぁ、それだけ今回の試験は分からないということなんでしょう。


肝心の私たちはと言うと、、、
あくまで自己採点ですが、下記の通りです。


【 夫 】 理論41 計算43  合計84点

【 妻 】 理論38 計算34  合計72点


合格確実ラインに行っているわけでもなく、ボーダーより下でもない。


また、不安な4ヶ月が待ち受けていました。


[PR]
by EYE_MARKS | 2014-12-16 10:21 | 税理士試験 | Comments(0)

受験生活2年目

もしかしたら税法に受からないのではという負のイメージが何度も頭をよぎりました。


受験生活2年目
合格発表前の2012年9月から既に始動しています。


受講コースは残り2科目分

余裕があるので、

1.所得税 年内速修 +1月上級コース

2.相続税 年内速修 +1月上級コース


妻は自信がなかったので、2年での目標は一旦おいといて、所得税だけ勉強を開始しました。
同時に、受かっているか分からない消費税と財務諸表論。


私は、上記二科目と一応消費税を軽く。


そして12月の合格発表で方向転換に入らざるを得ません。


4か月長いんですよ。
受かってても落ちてても始動が絶対遅くなるんですから。


2013年1月
さぁ、これからは大変です。
プレッシャーが半端ないです。

もちろん道場は自粛しました。
20年近く通っていて、初の長期休会です。


そして、勉強部屋も変え、別々の部屋で勉強することに。

寝かしつけはもっぱら妻に任せ、その間も私は勉強に集中。

夕飯も妻に任せて、9:00-18:00 20:00-24:00で3科目を猛烈に勉強。
初年度は土日祝を家族サービスとして勉強していませんでしたが、土曜日も一人で勉強です。


一応最短の目標は2年でしたから。
あと、30歳で開業という大きな目標もありましたから。
この時すでに29歳。ラストチャンス。


妻の協力もあり勉強時間が大幅に増えました。


妻は家事・育児の合間に消費税と所得税の2科目を勉強です。
相続税は一旦休止。



2013年8月 第63回 税理士試験

消費税は絶対に落とせないので、かなりの回数の答練を回しました。
何度も何度も何度も。
所得税はまずまず。理論もまぁまぁ。計算も大体大丈夫。

はっきりいって相続税が結構厳しい状況。
理論はA,Bランクがやっとだったし、計算も全然遅い。

ちなみにこの年の全国公開模試は下記のとおりでした。

【 夫 】
消費税 S ランク(全国2%台)
所得税 C ランク
相続税 B ランク

【 妻 】
消費税 A ランク
所得税 B ランク



受験数日後、TACの解答速報により自己採点


【 夫 】
消費税 理論・計算共に、ボーダーラインより少し上であろうかという状況。
所得税 第63回の所得税は交通事故です。問題に難あり。わけがわかりません。
      まぁ、しかし、理論・計算共に出来は良い方だと思われる。
相続税 宅地評価最初から2つ空白。さらには最後まで埋められず。
      理論に関しては、TACさまさまで、Aランク理論がドンピシャだったためかなりの高得点を取れているはず。
      計算と理論のバランスはかなり悪いです。

【 妻 】
消費税 理論の問2が3問中1問のみ正解。(2問は取りたい問題。)
      計算も最後まで解答しているものの、ボーダーギリギリの様子。
所得税 ほぼ夫と同じ状況。レベルもほぼ一緒。理論は2人で違うところを書きまくっているが、どちらも問題から読み取れるであろう解答をしている。


そして、合格発表、、、


夫、妻共に 消費税・所得税 合格!!

夫 相続税 Aランクで不合格。やはりバランスが悪すぎだよね。。。


2年での最短目標合格はかなわず。
そして、30歳での開業も、、、
来年5月で31歳ですから。


しかし、9年を歳月を経て、ようやく税法科目を取得できたことに多大なる安堵感を得ました。

合格通知が来て、ショックよりも喜びの方が大きかったのをよく覚えています。

やっと前に進んだ・・・


ここ数年で通知の形式が変わり、合格年度が記載されるようになったんですね。

簿記論・財務諸表論の合格が 平成16年
そして、消費税・所得税の合格が 平成25年

a0327775_17204019.jpg

ブランク9年


もしかしたら普通諦めているんですかね。


とりあえず、ラスト1科目まで来ました。
残りは相続税。

a0327775_17220098.jpg

妻は順風満帆って感じですね。



[PR]
by EYE_MARKS | 2014-12-14 17:23 | 税理士試験 | Comments(0)

受験生活1年目

2012年1月

TAC税理士講座
5科目パックを一つ申込みました。


2人で目指すので、一つでいいんです。ええ。
通信ですから。


テキストは最初に受講した方がメモ書きをし、問題集や模擬試験は必ず裏紙を使い、お互いが何度も解けるように。


退職時保有科目は

【 夫 】 簿記論 財務諸表論

【 妻 】 簿記論


申込み科目は

1.財務諸表論 上級コース

2.消費税法 上級コース

3.消費税法 速修コース


消費税が2科目あります。
ええ、もちろんTACの方に疑問を持たれてしまいました。


「 消費税が2つコースを選ばれているようですが、よろしいですか。 」 と。


はい、問題ありません。
2人で使用しますから。


消費税上級コースは 夫

財務諸表論 上級 消費税 速修は 妻


1月からの始動なのと、今後のコース選択も考えてこの選択。



私は1科目

結構余裕だと思っていました。

今まで仕事をしていた時間を全て勉強に回せるのですから。


仕事のスタイルとほぼ同じ状況で勉強。

9:00-17:00

夕方は子供との触れ合い時間。

そして、子供が寝てから就寝まで勉強。


土日祝は家族サービス。
親の勝手な都合で子供に寂しい思いをさせるわけにはいきませんでしたから。


道場にも行く余裕がありました。


道場というのは、10歳から始めている合気道の道場です。
大学からは合気道のほか、居合道、柔拳法、杖道と多岐にわたり稽古に励んでいます。


大学時代、簿記論・財務諸表論を受かった時も毎日のように道場に通っていた過去がありましたから。


そして、受験生活1年目の8月

2012年 第62回 税理士試験

【 妻 】 財務諸表論に見事合格!
     消費税不合格

【 夫 】 消費税不合格 ...il||li▄█▀█●il||li



ま、まさかの不合格通知。
そして妻は合格通知。


妻は思いっきり喜びたいのを抑えつつ控えめに喜びを表します。

そりゃあ、気を使いますよね。申し訳ない。


これじゃあ、周りにもどう報告していいのやら、、、


ということで、親族以外にはほとんど報告せず初年度を終えました(T-T )


これで2人とも簿記論・財務諸表論の2科目取得。

追いつかれました。。。



[PR]
by EYE_MARKS | 2014-12-14 16:34 | 税理士試験 | Comments(0)

妻の受験歴・職歴

【 妻 】
2006年8月
専門学校で日商簿記1級を取得


2007年4月
むさし税理士法人(旧石井税務会計事務所)就職
現在の夫の直属の後輩・部下となる。


後に夫となる先輩から事務所の忘年会にて、日商1級を持っていることを褒めちぎられ、税理士も絶対受かる!と無茶を言われる。

2008年1月から速修コースで簿記論・財務諸表論の勉強を開始。

先輩である今の夫にそそのかされ、就職当時全く受ける気もなかった税理士試験を目指すことに。


(夫)私は仲間ができて、孤独の受験勉強に光が見える。


2008年8月 第58回税理士試験 初受験
見事簿記論一発合格!!

自己採点だが、大原の先生にお墨付きを頂くほどの高得点での合格。
しかも時間が余ったという何という恐ろしさ。

財務諸表論は惜しくも不合格。


…強敵現る。
仕事しながら本当に受かってしまうとは、、、


2009年5月 結婚
財務諸表論は継続し、新たに消費税の勉強も始めていた。


2009年8月 第59回税理士試験
受験時、前代未聞の妊娠9カ月で受験会場へ。
本当に申し訳ない。

お腹は相当出ています。周りの方はビックリしたでしょう。
私も何度も受験会場に行っていますが、妊娠中の方は見たことありませんから。

夏の猛暑。
受験会場までの道のりはかなりきつかったようです。

不屈の精神で、途中退室もすることなく、最後まで答案を書ききる。



しかし、さすがに不合格。


2009年9月 第一子 出産
そして、育児休暇へ、、、


育児休暇中も税理士の勉強は継続
そして、毎年かかさず受験。


2011年4月
保育園に入園することができ復職


そして同年12月
むさし税理士法人を退職

妻自身には何も理由もなく、夫につきあう形で涙の別れ。
とても居心地がよく、最高の職場を離れることに。
申し訳ない。


そして、夫と共に受験専念へ、、、


[PR]
by EYE_MARKS | 2014-12-14 00:11 | 税理士試験 | Comments(0)


企業と共に成長する税理士事務所の成長記録


by にんにん

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
税理士試験
税理士登録
独立開業準備
武道
新規開拓
業務
研修
コラム
事務所移転
未分類

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 04月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月

最新のコメント

> 山口敦さん 山口さ..
by EYE_MARKS at 13:21
反町さん、いつも大変お世..
by 山口敦 at 02:59
オルテガさん 返信遅れ..
by EYE_MARKS at 19:48
先生のサイトが本当に助か..
by オルテガ at 23:25
> daisukesas..
by EYE_MARKS at 22:40
今、税理士試験に関するブ..
by daisukesasaki1 at 23:17
服部先生 ご返信ありが..
by いずみ at 23:18
いずみさん ご連絡あり..
by EYE_MARKS at 18:41
服部先生ご返信ありがとう..
by いずみ at 23:02
> いずみさん コメン..
by EYE_MARKS at 21:50

最新のトラックバック

http://venus..
from http://venuspo..
http://venus..
from http://venusco..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

検索

タグ

最新の記事

【 事務所移転計画 ~外壁工..
at 2018-12-19 00:36
【 事務所移転計画 ~内装工..
at 2018-12-17 01:48
【 事務所移転計画 ~内装工..
at 2018-12-12 01:13
【 チラシ作成 ~ 夢工房 ..
at 2018-12-10 01:09
【 チラシ作成 ~ 夢工房 ..
at 2018-12-10 00:57